満足度が高いオペナース向け転職サイトBEST3

看護のお仕事



コンサルタントの対応満足度 1位
転職祝い金 最大12万円支給

 

東京都だけでも、130,000件以上の求人情報を持っているのが「看護のお仕事」です。それだけの求人情報を持っているということは、頻繁に様々な病院などに出入りしているはずです。

 

なので、「看護のお仕事」のコンサルタントさんは職場のリアルな情報を持ってきてくれ、転職する前にどのような職場なのかを体感することができます。もちろん、転職前の職場見学も可能です。まずはご相談を。

 

 

MCナースネット



全国18拠点でサポート
都市部だけでなく地方ニーズにも対応!

 

2位は全国18拠点でサポート・様々な地域で出張登録会を行っている「MCナースネット」です。常勤・非常勤・スポットなど様々な形態の求人案件をもっておりますので、ライフステージに合わせた相談が可能です♪

 

 

MCM


 

ベネッセが12年以上運営しているサービスが「MCM」です。単発や短期のお仕事が中心となりますが、知識豊富なコンサルタントがサポートしてくれます!

 

 

オペナースになるには簡単です。手術室の勤務をすればオペナースになれます。しかしそれでは真のオペナースにはなれません。どうすれば立派なオペナースになれるのでしょうか。新人でまたは経験が浅い看護師がいきなり手術室勤務するにはたくさんの自己学習は言うまでもありませんが経験も必要です。

 

私の友人でオペナースになりたいという友人がいましたが基本的なこと例えば点滴注射、尿道カテーテルの挿入や経鼻胃管の挿入介助、気管内挿管の介助などができないとなれないのではと思い病棟勤務をして経験を積んでオペナースになるという考えの友人がいましたが少し遠回りとなりますが手術室勤務となったとき経験が物言うことがあります。そんなオペナースになる方法もあります。

 

積極性もないとオペナースにはなれません。できません、やれませんでは患者さんや周りの方たちにも迷惑がかかってしまいます。苦手なことがあったら指導者のもとに手技の実践を行い確実に覚えていくことです。オペナースになるにはその他たくさんのことに耳を傾けなければなりません。学会など勉強する機会があったらどんどん参加することです。

 

オペナースも他の部署で働く看護師と資格は一緒です。オペナースになるには、あるいはなりたいのなら体力も必要です。個人衛生はきちんと心がけているでしょうか。体が弱く病気ばかりしているとある意味オペナースは体力勝負という所があります。長い時間飲食もできず寝ているところをたたき起こされ深夜や早朝の緊急手術にも対応しなければなりません。体力には自信がありますか。オペナースになるには体力が必要であることがお分かりだと思います。

 

あと一つ。オペナースになるには熱い情熱と使命感を持ち合わせることです。どうしてもオペナースになりたいという思いがあればいいと思います。