オペナースの業務内容を見てみましょう

オペナースとはどんな仕事をするのでしょうか?

看護師の業務内容はたくさんありますが手術室の勤務もその一つです。
手術室で働く看護師をオペ看(オペ室の看護師の意)と呼ばれることもありますが広く一般的でわかりやすいのがオペナースでしょうか。
私もそのほうが親しみやすいです。
さてオペナースとはどんな仕事をするのでしょうか?テレビのドラマなので医師に手術道具をわたす場面がありますがそれも立派なオペナースの仕事です。しかしそればかりではありません。安全に安楽に患者さんが手術を受けることができるようにまた手術中も絶えず円滑に進められるように麻酔科医や執刀医と協力しその準備も怠りません。いわば縁の下の力持ち的なところも含んでいます。そんなオペナースの仕事についてこれからお話をさせて頂きます。

 

大まかなことですが流れ的にはそんなに変わらないと思います。まず出勤したら本日の予定を確認しておきます。そして役割分担も決めて手術の準備を開始します。物品の確認は特に重要です。なぜなら特殊な器械が必要なときはきちんと使えるか?故障はないか?数はあっているか?滅菌はされているかなどチエックは常に厳重にしておかないと患者さんもその日のためにたくさんの準備をして手術を受けるので不手際があると多大な迷惑をかけるどころか治療にも影響を与えてしまいます。患者さんを迎え入れ病棟から引き継ぎを受け名前の確認をしていよいよ手術室へ入ります。

 

オペナースは器械を医師に渡す仕事を直接介助、麻酔医と協力して主に外回り的な仕事をするオペナースを間接介助と呼ばれています。どちらも重要な仕事です。外回りのオペナースは患者さんができるだけ緊張をしないように援助して麻酔科医の麻酔科医介助をします。その間に直接介助のオペナースは手洗いと言い自分の上肢を出来るだけ滅菌しなければいけないのでブラシと消毒液と滅菌水で洗浄をします。執刀医や助手をする医師も同様です。麻酔がかかりバイタルサインが安定していればいよいよ手術の開始です。終わりまで気は抜けません。

 

そんな感じで手術は始まっていきますがオペナースの業務はこれだけではありません。手術が始まるまでのオペナース役割を述べさせていただきました。