オペナースの仕事をするうえで本はかかせません

オペナースの仕事をするうえで本はかかせない

オペナースの仕事をするうえで本はかかせないものとなります。看護師向けの看護雑誌は星の数ほどではありませんがある程度出版されています。中には専門的な雑誌も出ていますので定期購読しても絶対に損をすることはありません。ただし雑誌でも専門的なので普通の雑誌よりは高価です。オペナース雑誌では全国から寄せられた手術症例など参考になることが多いです。そんな知識を取り入れて自分たちにも役立てたりすることができるので非常に有用なものとなります。

 

オペナース雑誌の良い所はまだまだあります。各地の各病院のオペナースのコラムや紹介なども掲載されていて良い刺激を受けることができます。質問コーナーもあったりしてオペナースならではの悩みや相談コーナーもありホッとする掲載もあります。オペナース雑誌はもちろんゴシップをメインとした売り上げを考えた雑誌ではないので購入する人も決まってしまっているので専門店か大きな本屋さんに行かないとオペナース雑誌は手に入らないことがあります。これが欠点と言えば欠点でしょうか。

 

しかし職場によっては病院の負担でオペナース雑誌を購入しているところも少なくなく業務の一部に役立てたり個人の自己学習に一役かっています。看護の現場でも今はオペナース雑誌も含め看護に関する雑誌は看護師間では普及していると思います。私もオペナース雑誌ではありませんが定期的に購読している看護雑誌があります。「なるほどな」と感心させられる看護技術や薬のこと病気や怪我のことが記載されていて参考になっています。

 

オペナース雑誌は古くなっても捨てるのはもったいないと思います。後で振り返った時に見直すことができるのでそこでまた知識の蓄積ができます。そんなオペナース雑誌を購読してみましょう。