オペナースの利点は解剖の勉強ができること

オペナースの利点

オペナースの利点としてズバリ体の構造が直に見ることができて解剖の勉強ができたり術後のカンファレンスなどで医師から有用な意見などを聞くことができたりすることだと思います。

 

人体解剖の多くは机上で学ぶか看護学校でも病理解剖を見せてくれるところもあるのでそのようなときにしか人体の解剖はみることができません。人間の生身の臓器を直接見ることができるのはオペナースか医師しかいません。解剖が好きなオペナースならその点では大きな利点になると思います。

 

オペナースには緊急手術などの呼び出しはあると思いますが基本的に夜勤がありませんが時として手術が長い時間になることがありますが病棟夜勤がやりたくないオペナースなら利点になるでしょう。そして患者さんやオペナースにとっては一期一会です。実は私もなぜか好きです。ある人に言わせれば病棟などで長く患者さんとかかわってしまうと疲れることが多いからその場限りの出会いなので手術室が好きというオペナースがいました。確かにこれもオペナースの利点になるのではないかと考えてしまいました。

 

その他においてオペナースの利点としてやはり直接命にかかわる現場です緊張感は常に最大だと思います。それを乗り切った時に他では味わえない充実感や達成感を味わえます。これはオペナースの醍醐味ではないかと考えます。

 

まだまだオペナースの利点はあります。オペナースを希望する看護師はまだ全国的には少ないと思います。そこでもし転職をする機会があり職務経歴書に記載があったり面接などで聞かれたりしてオペナースの経験があると相手に分かれば重宝されます。それだけオペナースは専門性、特殊性があるとみられます。これも大きなオペナースの利点に含まれていると考えます。