オペナースも特殊性を持った職業だと思います

オペナースも特殊性を持った職業

オペナースも特殊性を持った職業だと思います。また専門的な分野でもあるので専門性の高い部署であることもおわかりだと思います。
そんなオペナースの給料と病棟や外来などの他部署と比べてどうなのかというのもこれからオペナースを志す方にとって気になると思います。
基本給は病院の規定によるものになると思いますがオペナースの給料は付加価値が付きます。病棟勤務では夜勤手当が付きますがオペナースはその手当がありません。なぜなら夜勤はないからです。しかし手術が長引き緊急手術が突然入れば定時になったからといえど帰るわけにはいきません。残業になります。残業手当もオペナース給料の大きな割合を占めると思います。深夜まで及ぶと残業手当も跳ね上がる所も多いと思います。

 

そのほかに救急病院の手術室になると24時間365日いつでも対応しなければならなくなります。手術があってもなくても例えば30分以内に病院にかけつけなければいけないという待機番というのがありますがそのような手当てがオペナースには支給されます。手術がなければ待機番の手当だけですが呼ばれて緊急手術になるとそこでも手当が発生します。

 

病院によっても待機料や拘束手当はまちまちですがそんなに安くなかったとは思います。オペナースの給料でも特殊手当や危険手当もつけるところもあります。専門性の高い特殊性もありますからそれに見合う手当というものでしょうかそれと緊急手術の場合は術前の感染症検査も簡易です。そういった危険に対する手当も出るところもあります。

 

そのほかの手当は他の部署と変わらないですがトータル的に考えるとオペナース給料は決して安いことはないと思います。むしろ多いかもしれませんね。大変な部署でもあり勤務の希望をする人もあまり多くないと聞いています。給料がすべてではありませんがそんなオペナースとなってはみませんか。