やりがいを考えて職業に従事していますか?

皆さんはやりがいということを考えて職業に従事していますか

皆さんはやりがいということを考えて職業に従事しているでしょうか。それとも労働に見合った給料がもらえればそれで満足でしょうか。オペナースを現在されている方やこれから目指そうとされている方も目的やとかやりがいというものを持っていらっしゃる方が多いと思います。

 

オペナースのやりがいとはどのようなものかと考えた時に頭に浮かぶことはまず命に直接かかわる現場にいることからその責任を全うできた時に大きなやりがいを感じるのではないでしょうか。このオペナースのやりがいはおそらく病棟などの他部署では感じることができないでしょう。
例としてあげてみれば夜間に自宅で待機していた時に緊急手術で呼び出されたとします。どんな手術も医師一人では行えず看護師や他の医療スタッフの協力のもと行われます。すなわちここでもチームダイナミックスがいかされています。

 

自分がその命の現場において患者さんの命を助けるお手伝いができたときオペナースやりがいを大きく感じることができると思います。これはほんの一例でこれだけではありません。そしてオペナースも専門職です。病棟勤務では指導者からある程度フォローを受ければ一人で仕事ができるようになります。

 

ところがオペナースは業務の内容も特殊性が大きく膨大な量の業務をこなさなければいけません。努力や勉強も並大抵ではありませんし手術の種類も沢山ありそれらに適応しなければいけません。そんなことを乗り越えられた時もオペナースのやりがいはとても大きくこれからもオペナースを継続することができる原動力になることは間違いないでしょう。

 

そして今後もオペナースとして従事する気持ちが強くなりオペナースのやりがいを強く感じていくことでしょう。